1. ホーム

ステンレス製メダイ グアダルーペの聖母

ステンレス製のメダイ。
アレルギーの方におすすめです。
メダイにはグアダルーペの聖母が刻まれています。

22×15mm

1531年12月9日、メキシコ・グアダルーペのインディオ、フアン・ディエゴの前に聖母が現れたとされる。
聖母は、司教に聖母の大聖堂を建設する願いを伝えるよう求めた。ディエゴは病気の親類の助けを求めにいこうとしていたため、話しかけてくる聖母をふりきって走り去ろうとした。すると聖母は彼を制止し、親類の回復を告げた。
ディエゴが戻った時、病気だった親類は癒されていた。聖母に司教へしるしとして花を持っていくよういわれたディエゴは、花をマントに包み、司教館に運んだ。司教館に花を届けた際、ディエゴのマントには聖母の姿が映し出されていた。

フアン・ディエゴは2002年に列聖された。また、彼が聖母を見たメキシコ市近郊のテペヤクの丘には巨大なグアダルーペ寺院( Basílica de Nuestra Señora de Guadalupe)が建てられた。
1537年、ローマ教皇パウルス3世は、インディオは理性ある人間として扱われるべきという回勅を発し、植民地におけるインディオへの迫害を禁じた。
カトリック教会は、グアダルーペの聖母への信仰が、キリスト教が入る以前のアステカの女神、トナンツィンと関連したものだと考えた。聖母が出現した丘とは、もともとトナンツィン女神の信仰の中心地であった。しかし教会は、インディオ達がキリスト教を受け入れやすくするために、このように古来の宗教がキリスト教と共存することをある程度許容した。16世紀末頃から17世紀の初めには、聖母によって重病人が回復する奇蹟がたびたび起こり、聖母への信仰はどんどん強まっていった。そして17世紀には、この「褐色の肌の聖母」はあらゆる階層の人々の信仰を集めていった。
聖母はメキシコの民族主義の象徴ともなっており、メキシコ独立革命の指導者ミゲル・イダルゴの蜂起の宣言(ドロレスの叫び)では「聖母万歳」と唱えられている。メキシコ革命の指導者の一人、エミリアーノ・サパタの軍隊は聖母の像を帽子につけていた。
近年の調査では、マントの聖母像の瞳部分にはディエゴとおぼしき人物が写っていると主張する人がいる。ウィキペディアより引用

在庫状況 0  売切れ中
購入数

売り切れ

Recommend Item

おすすめ商品のご紹介

ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB



身代りの珈琲,コーヒー,


聖像カテゴリー
聖人カード
ロザリオ
ルルドの水
聖画
身代りのメダイ
書籍
花柄雑貨 ロココ調
オリジナル珈琲

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
聖コルベ館オフィシャルサイト|ルルドの水|聖像|ロザリオ|
コルベ神父
長崎にある聖コルベ館にはコルベ神父に関する資料や商品が数多くご用意しております☆
店長日記
Mobile Shop
QR